セラミド 保湿力

セラミドの保湿力

セラミドは細胞膜に存在する脂質の一種であり、
肌の細胞間脂質においておよそ50%を示す主成分です。

 

医者

 

元々人間の体内にある成分で生成も行われるので、
若く健康な肌には角質層の細胞と細胞の間を埋めるような形で
豊富なセラミドが含まれています。

 

 

セラミドは主に水分や脂分を蓄えておく保湿の役割と、
スポンジのように外部からの刺激を弱める働きを果たしており、
角質層のバリア機能を正常に保つ際に不可欠な存在と言われています。

 

 

一般的には加齢や生活環境の影響を受けて
年々減っていく傾向を持っている為、
徐々に肌の保湿力が低下していき、乾燥肌のリスクを高めてしまいます。

 

 

乾燥肌の状態では肌のバリア機能が正常に働かない為、
外部からの刺激を受けやすくなるだけでなく
紫外線や病原菌を通してしまい、
肌荒れや痒み・炎症などを頻繁に引き起こします。

 

 

また、乾燥肌では多くの場合において
皮膚の表面を守る皮脂膜が正常に機能していない状況へ陥っており、
角質層の水分が空気中へ蒸発してしまう理由から、
表面の皮脂膜を保護する事も重要な要素ではあります。

 

 

しかし、肌の内側における保湿力が低いままでは
効果的な乾燥対策として不十分である為、
何らかの形で同時にセラミドを補給する必要性が生じてきます。

 

 

このような理由から、特に美肌用品や
化粧品などに配合される成分でもあり、
外部からセラミドを補給する乾燥肌対策として有効な手段となります。

 

 

セラミドはコラーゲンやヒアルロン酸などと相性が良く、
相乗効果を期待するのであれば
これらを含んだ製品を選ぶのが効果的と言えます。

 

 

米や小麦・こんにゃくなど一部の食材から摂取する事も可能な成分である為、全身に対してセラミドを補いたい場合は、食品もしくはサプリメントなどの飲むタイプを選択するのも保湿力強化を目指す方法の1つです。

 

 

キュレルローションにセラミドは配合されていない?のTOPへ