ヒト型セラミド 安全性

ヒト型セラミドの安全性

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織で構成されていて、
表皮の一番外側に角質層があります。

 

 

角質層には肌内部にある水分が乾燥しないように
作用している保水機能があり、肌がしっかりと潤っている状態であれば、
外部刺激や細菌から肌を守るバリア機能も果たしています。

 

肌の潤う女性

 

肌内部の水分が逃げないように皮脂、
天然保湿因子、角質細胞間脂質という3つの成分が維持しており、
細胞間脂質の約80%がセラミドという成分で占められています。

 

 

セラミドには天然セラミドと合成セラミド、
ヒト型セラミドがあり、天然のものは、
動物や植物から抽出されています。

 

 

植物性セラミドより動物性セラミドのほうが
吸収率が良い特性がありますが、
植物性のほうがアレルギー性が低いため
化粧品に多く利用されています。

 

 

合成セラミドは、石油原料からセラミドに似た構造の
保湿成分を化学合成したもので、
大量に生産できるためコストも安く、

 

 

多くのセラミド配合化粧品に使用されていますが、
水分保持作用は非常に低いです。

 

 

ヒト型セラミドは、
人間の肌に存在するものと同じ構造になっており、
水分保持効果も他のセラミドに比べて抜群に高く、
保水力が3倍もあります。

 

 

また、人間の肌に存在するものと全く同じ構造なので
安全性も高く、安心して使用することができます。

 

 

体内にあるセラミドの割合(体重あたりの量)は
生まれたときをピークにして、
年齢と共にその量は徐々に減少していきます。

 

 

特に20歳を超えてからの減少スピードは早いです。

 

 

セラミドが減少してしまうと、
体内で生成して増加させることは難しいために、
化粧水や保湿クリームなどのスキンケアアイテムで
肌の外側から補給することが重要になります。

 

 

セラミドを補給する場合は、
天然セラミド保水力の高いヒト型セラミドが含まれた化粧品で
補給することで乾燥を防ぐことができます

 

おすすめの記事

⇒ セラミドケアで有名な花王のキュレルってどうなの?